鄭道傳<チョン・ドジョン>

各話あらすじ

ストーリー

14世紀高麗恭愍(コンミン)王末期、王妃魯国(ノグク)公主の霊殿工事と恭愍王の狂気によって高麗はますます沒落しているころ、 成均館(ソンギュンガン)の末端官職で儒学者のチョン・ドジョンは恭愍王に民心を察して国を統治するように上訴を提出する。しかし恭愍王が読む前に、朝廷の第二権力者である宰相イ・イニムは上訴を横取りし、さらに恭愍王の後継ぎが賎出出身という噂を流そうと企てる。チョン・ドジョンとチョン・モンジュなど 成均館の学官たちは、高麗の未来のためにイ・イニムを含めた高麗の腐った勢力を弾劾しようと奮起するが、末端官吏の彼には何の権限もなく、イ・イニムに楯突いたことで流罪になってしまう。流刑の地で新たな国を開く決意を固めたチョン・ドジョンは、多くの外敵と戦ってきた武人イ・ソンゲを次の王にふさわしい人物だと見込むのだった。

第1話〜10話

第1話

恭愍王末期、亡き魯国姫の霊堂の建設と恭愍王の心の病により、高麗は没落の一途をたどっていた。そんな時、チョン・ドジョンは恭愍王に現状を訴える上書を書くが、高麗の陰の権力者、イ・イニムに取り下げるよう脅される。ドジョンとチョン・モンジュ、成均館の儒生たちは命がけで高麗を守ろうとするのだが…。

第2話

上書を書いたチョン・ドジョンは牢屋に入れられ、鞠問を受けることになる。一方、世継ぎを心配する皇太后は定妃に恭愍王の夜のお伴をするように命じる。だがどうしてもモニノを世子にしたい恭愍王は、皇太后の命令に逆らってしまう。

第3話

恭愍王が殺害され、イ・イニムと権門勢家は勢力を得る。イニムは先王の遺言を歪曲して、モニノを次期王にすべきだと皇太后を脅すがチョン・ドジョンは、イニムの主張は嘘だと訴える。チェ・ヨンは恭愍王が殺害されたと聞き、兵士を従えて開京に向かうのだが…。

第4話

明の使臣が帰途の途中、護送官のキム・ウィに殺害されるという事件が起こる。もう明とは修復不可能だと、イニムは北元との和議を主張する。だがチョン・ドジョン、チョン・モンジュら新進士大夫は、死を覚悟で北元との和議を防ごうとする。

第5話

北元との和議を止めようとするチョン・ドジョンは、チェ・ヨンの反対に遭い、北元の使臣を迎える迎接使になることを拒む。大臣たちは王命に背いたドジョンを死刑にすべきだと皇太后に訴える。一方、家別抄を連れて歩くイ・ソンゲに、開京から呼び出しがかかる。

第6話

流刑地、居平部曲に来たチョン・ドジョンは、貧しさに苦しむ民の実情を目の当たりにする。一方、キム・ウィの部下、イ・ガがアン・サギの自宅に入るのを見た新進士大夫たちは、使臣の殺害事件を裏で操っていたのはイ・イニムだと確信するのだが…。

第7話

士大夫は、キム・ウィの部下、イ・ガがアン・サギの家から出てきたという訴えを聞いた皇太后とチェ・ヨンはアン・サギを追及する。居平部曲で流罪中のチョン・ドジョンは、しだいにファンの家族に心を開いていく。サギとイニムは危機的状況に追い詰められていた時、倭寇が侵略したと連絡が入る。

第8話

イ・イニムは上書を書いたイ・チョムとパク・サンチュンを罰しろと、皇太后を脅す。チョン・モンジュら新進士大夫との真っ向勝負が始まった。チョン・ドジョンが流刑地を逃げ出した罪に問われ、監視役のファンは役所で拷問を受けていた。娘は父を助けたい一心で巫覡(ふげき)にお金を借りる。

第9話

巫覡の後継者になると決めた娘を、チョン・ドジョンは止めようとするが、助けてやれない自分の無力さに苦しんでいた。開京ではイ・イニムが権力をふるい、新進士大夫に報復を始めていた。そんな時、居平部曲にも倭寇の魔の手が迫っていた。

第10話

倭寇の襲撃によって、チョン・ドジョンとヤンジが生き別れになってから6年。その間に皇太后とキョン・ボクフンは息を引き取り、高麗はイ・イニムの独占政治が始まる。ウ王に王子が誕生したことを機に、チョン・モンジュはチョン・ドジョンの赦免を奏上するが反対勢力に邪魔されてしまう。

第11話〜20話

第11話

チョン・モンジュは、チョン・ドジョンに流罪が終わったことを告げ、ドジョンをイ・ソンゲに会わせようとする。倭寇と戦いを控えたソンゲは、敵が攻撃に出るまで待つ作戦をとる。それを不審に思ったイ・イニムは、急いで攻撃しないと兵糧の供給を停止すると告げる。

第12話

飢饉に襲われた高麗。イ・ソンゲは、民にお米を配ろうと提案するがイ・イニムに却下される。ソンゲが士大夫と手を組むことを恐れたイニムは、ソンゲを陥れようとする。放免されたチョン・ドジョンは、田舎に学堂を建てて、子どもたちに勉強を教えていたのだが…。

第13話

チョン・ドジョンは、倭寇の手先になっていたチョンボクと再会する。だが、変わり果てたチョンボクを見て、ドジョンは怒りをあらわにする。ヤンジの気持ちに気付いたチェ氏は、ドジョンにヤンジを妻に迎えてはどうかと話すのだが…。

第14話

布教活動の最中に、イ・ソンゲを弥勒だとたたえて、王に推戴しようとしたという疑いをかけられた住職とヤンジは、牢屋に入れられてしまう。イ・イニムの思惑どおり、わなにはまったソンゲを救うため、チョン・モンジュはあることを提案する。

第15話

ウ王9年、チョン・ドジョンは大業の土台を築くため、全国を歩き回っていた。ウ王が酒食に溺れて政治を怠っている間に、イ・イニムは勢力を拡大していく。一方、ドジョンはイ・ソンゲとチェ・ヨンのどちらかを新しい国の王にするため、彼らに接近する。

第16話

イ・ソンゲに会ったチョン・ドジョンは、辺境を安全にする安辺策を渡すがソンゲはドジョンを、イ・イニムの間者だと疑う。一方、安辺策を考案した人物を突き止めようと、ソンゲのもとにやって来たヨム・フンバンは、ある本を目にしてしまう。

第17話

イ・ソンゲは謀反の疑いをかけられ、朝廷から呼び出される。朝廷ではソンゲが反乱を起こすことを恐れ、開京の家族たちを幽閉する。窮地に追い込まれたソンゲは、一大決心をして都城に向かうのだが…。

第18話

イ・ソンゲはチョン・ドジョンの策に従って、イ・イニムに交渉に行くが、予想もしない要求を突きつけられる。
ドジョンは、イ・バンウォンから渡されたお礼を持って、ソンゲに会いに行き、官職に就かせてくれと頼む。

第19話

高麗は日照りで飢饉に陥るが、ウ王は政治を怠っていた。イ・イニムたちの権門勢家は横行を増し、民の土地だけでなく貴族の土地まで奪おうとする。チェ・ヨンは、イム・ギョンミとヨム・フンバンの専横に見かねて、強硬策に出るのだが…。

第20話

チェ・ヨンは、イ・イニムへの報復を決意し、勢力を集めようとする。国の蔵が底をつき、宴すら開けない状況下で、ウ王はイム・ギョンミとヨム・フンバンに私財を出せと要求するが、それが更なる問題を引き起こすことになる。

第21話〜30話

第21話

チェ・ヨンとイ・ソンゲは、イ・イニムとその一派を追放する機会を得る。その話を耳にしたイニムは、すぐさまチェ・ヨンの屋敷を攻撃しろと命じる。チョン・ドジョンは、ソンゲにイニムの最期を見届けるように言われるのだが…。

第22話

チェ・ヨンは執政大臣として高麗に尽くしてきたイニムを罰するべきではないと主張するが、それに反対するイ・ソンゲと対立が始まる。その頃、チョン・ドジョンはナム・ウンを使って、本格的に狩りを始めようとしていた。

第23話

巡軍府に出頭を命じられたイ・イニムは最後の頼みの綱、ウ王に助けを求めようとするが、ウ王は会おうともしない。チェ・ヨンも同じく、家の前で待ち続けるイニムを拒む。一方、明が遼東は自国の領土だと主張しはじめ、朝廷の大臣たちは憤りを感じていた。

第24話

チェ将軍は周囲の反対を押し切り、遼東征伐の準備を進めていた。チョン・モンジュら新進士大夫は、明との武力衝突は高麗の滅亡を招くと必死で説得しようとする。チョン・ドジョンはチェ将軍の行動の異変に気づき、イ・ソンゲに話をするのだが…。

第25話

イ・ソンゲは必至で遼東征伐の反対を訴えるが、ウ王とチェ将軍は聞く耳を持たない。チェ将軍は遼東征伐のため、5万人の大軍を用意して必ず勝利すると宣言する。だが、ウ王は身の危険を感じてチェ将軍に出征を禁じ、自分の身辺保護をさせようとする。

第26話

イ・ソンゲは、チョン・ドジョンの助言で開京に兵を戻したいと奏請するが、ウ王とチェ将軍は断固として反対する。チェ将軍は兵士の士気を高めるためにも威化島に行かせてくれとウ王に直談判する。事態の深刻さを察知したドジョンは、開京にいるソンゲの家族を避難させるように言うのだが…。

第27話

チョン・ドジョンから、回軍の正当性を証明するにはチェ将軍を弾劾するしかないと言われたイ・ソンゲは苦悩する。一方、民の間ではソンゲが王になるという歌が歌われていることを知ったウ王は、チェ将軍にソンゲを殺せと命じる。チェ将軍はソンゲが率いる攻遼軍(コンヨグン)と最後の戦いに挑む。

第28話

チェ将軍とイ・ソンゲは命懸けの戦闘を繰り広げる。遼東(りょうとう)から引き返したソンゲたちは、いまだに攻遼軍(コンヨグン)を維持し続けていた。ウ王は早く軍を解散し、軍事権を返納するように言うが攻遼軍の将軍たちはウ王の報復を恐れて拒んでいた。チョ将軍は自分たちの身を守るためにもウ王を廃位するしかないと言う。

第29話

イ・ソンゲはチョン・ドジョンが選んだ定昌君(チョンチャングン)を次期王に擁立しようとする。だがチョ・ミンスとイ・セクは、世継ぎは世子(セジャ)だと主張し、双方の対立が始まる。ドジョンは、ユン・ソジョンとチョ・ジュンの家に訪れ、計民授田(ケミンスジョン)の話をする。

第30話

チョン・モンジュたちは辞職したイ・ソンゲに、辞職を撤回するように説得するがソンゲはかたくなに拒む。一方、権門勢家の復活を企むチョ将軍は、イ・イニムを都堂(トダン)に復帰させようするが、これに反対するチョン・ドジョンとモンジュは示威を行い、師であるイ・セクとも対立してしまう。

第11話〜20話

第31話

チョ・ミンスの審問が始まり、イ・ソンゲとチョン・ドジョンは影で操っていたイ・イニムの所に行く。一方、チョ・ジュンは改革の1つである土地改革について、ソンゲに力説する。ドジョンとチョ・ジュンが中心に行う土地改革にイ・セクは反対し、師弟関係を解消すると言う。

第32話

イ・ソンゲは、イ・セクとその弟子たちから使臣として明に行くことを要求され、チョン・ドジョンたちは危機的な状況に陥る。そしてソンゲの息子、バンウォンに父親の代わりに明に行くことを促すのだが…。

第33話

キム・ジョらはウ王の命令で、イ・ソンゲの暗殺を企て、クァク・チュンボに会いに行く。一方、チョン・ドジョンは土地改革に異見をとなえるイ・セクの弟子たちに、罪を着せてイ・セク一派を追い詰める。そんなドジョンの姿にチョン・モンジュは憤りを感じていた。

第34話

チョン・モンジュはチョン・ドジョンとイ・ソンゲを逆賊だと非難し、共に大業を成し遂げようと言うドジョンの頼みを拒絶する。チョ・ジュンら、ドジョンの仲間たちはウ王と今上を廃位して、ソンゲを即位させようとするが、これに気づいたモンジュは定昌君(チョンチャングン)の名を挙げる。

第35話

チョン・モンジュは、イ・セクを都堂に復帰させようとするがチョン・ドジョンの一派に猛反対される。ユン・ソジョンはイ・セクが偽の王(ワン)氏を王にしたという名分で、イ・セクを弾劾しようとするのだが…。

第36話

チョン・ドジョンは、イ・ソンゲに自分の気持ちを踏みにじったと責める。ソンゲは血が流れる大業は望まない、チョン・モンジュが執政大臣として捧げる玉璽でなければ受け取らないと言われたドジョンは、その気持ちをしっかりと受け止める。

第37話

チョン・モンジュはチョン・ドジョンが卑しい身分の者が国を乱したという理由でドジョンを牢屋に入れる。チョ・ジュン、ユン・ソジョン、ナム・ウンはねつ造だと訴えるが恭譲王(コンヤン)とモンジュは、ドジョンたちに圧力をかけ始める。

第38話

イ・ソンゲが落馬したという話しを聞いたチョン・モンジュと恭譲王(コンヤン)はユン・ソジョンとチョ・ジュンたちを捕えて、ソンゲを排斥することにする。これに気づいたイ・バンウォンはソンゲにこの話を伝える。一方、流罪されたドジョンは、ここで思いがけない再会をする。

第39話

恭譲王(@コンヤン)はイ・ソンゲが意識を取り戻すことを恐れていた。チョン・モンジュはソンゲは、高麗が断罪すべき人物だと主張する。死刑が決まったチョン・ドジョンは、ソンゲに大業を成し遂げられないまま先に死ぬ自分をゆるしてくれと詫びるのだが…。

第40話

チョン・モンジュの死を知ったチョン・ドジョンは、イ・バンウォンを冷たく突き放す。一方、都堂では恭譲王(コンヤン)の廃位を論じていた。自分の危機を感じた恭譲王はソンゲに会いに行き、同盟を結ぼうと提案する。

第41話〜50話(最終話)

第41話

チョン・ドジョンはイ・ソンゲに、次期王になってほしいと必死で頼み、結局を承諾する。だが新朝廷には王氏(ワン)を中心とした勢力が根強く残っていたせいで、新王朝に背こうとする反勢力の動きが活発化していた。一方、世子(セジャ)の冊立が近づき、イ・バンウォンは落ち着かない様子を見せる。

第42話

イ・ソンゲに呼び出されたイ・バンウォンは、自分が世子になれると確信していたがソンゲの口から出た答えは思いもよらないものだった。すべてを知ったバンウォンは誰よりも慕っていた義母である王妃の裏切りを知って心に深い傷を負う。

第43話

イ・バンウォンの前に、突如現れたハ・リュン。彼の狙いはバンウォンを王にすることだった。だが半信半疑のバンウォンは、ハ・リュンを試すことにする。一方、イ・ソンゲは遷都を宣言するがユン・ソジョンやナム・ウンたちの反対に遭う。

第44話

イ・バンウォンは、私兵の廃止を訴えるチョン・ドジョンを煙たく思っていた。そして朝鮮はイ氏の国でなく、チョン氏の国になるとイ・ソンゲに訴える。どうしてもバンウォンへの不信感がぬぐえないドジョンは、ソンゲにバンウォンを明に行かせるべきだと主張する。

第45話

チョン・ドジョンは民の負担を増やすべきではないと主張するがイ・ソンゲは漢陽(ハニャン)遷都を決行する。一方、明にいるイ・バンウォン。朱元璋は、流刑か、投獄かのどちらかを選べとバンウォンに告げる。

第46話

朱元璋の命令どおり、ドジョンを明に行かせるべきだと主張するイ・スッポン。ドジョンは、鞠庁(クッチョン)を設置して、スッポンを操っている人物を自白させようとするが、チョ・ジュンは拒む。ドジョンたちが、もめていることを知ったバンウォン。時が来たとばかりに立ち上がる。

第47話

挙兵してチョン・ドジョンを排除しようとするイ・バンウォン。ハ・リュンは、攻撃するより敵の人間を味方につけるべきだと助言する。バンウォンたちの企みに気づいたドジョンは、いち早く策を講じるのだが…。

第48話

チョン・ドジョンは遼東が孤立している今こそ占領すべきだとイ・ソンゲに訴える。だがチョ・ジュンは、明を刺激することになると言って反対する。2人の間で揺れるソンゲ。一方、イ・バンウォンは、私兵の廃止を強行しようとするドジョンを、武力で制圧するしかないという結論を下すのだが…。

第49話

イ・バンウォンは、先手に出たチョン・ドジョンの前に屈する。イ・ソンゲの信頼を一身に受けたドジョンは、遼東征伐に向けて拍車をかける。だがその矢先にソンゲが病で倒れてしまい、チョジュンらは遼東に行くことを反対する。ドジョンは、邪魔者は排除しなければならないと考える。

第50話(最終話)

ついに反旗を翻したイ・バンウォンと王子たち。何も知らないドジョンは、仲間たちと酒を酌み交わしながら、楽しいひと時を過ごしていた。だが、そこに現れたバンウォンたちが無慈悲に刀を振りかざす。

トップへ戻る